僕は扁桃腺が弱い

ホームレス寸前からのでんでんでんぐりがえし

障碍者に説教して気持ちいいかい?~責める阿呆に庇う阿呆~

はあちゅうさんが更生して、何になるというのだろうか?

 

<マクロな視点>から、もっと大切なことはないだろうか?

 

もっと憤るべきことがあるのではないだろうか?

 

パチンコは賭博なのではないか?

もしかしたら、ソープランドでは売春行為が行われているのではないか?

なぜ見てもいない・勝手に作られた番組を放送する会社にお金を払うのか?

 

隣の芝生が青いと嫉妬するくせに、

よりよいガーデンにするための、アドバイスをしたくなる。

 

人間だもの。

 

恐怖を忘れるにはやっぱり興奮だね

 

毎年いろいろあるけど、特に今年はいろいろあった。

 

ベッキーの卒論の内容は、もう誰も気にしない。

私事だと、「藤吉久美子の不倫」というワードに今年一の興奮をした。

 

やっぱり恐怖を忘れるためには、それを超える興奮が必要だ。

 

ゴシップ誌という存在は、

醜い人間が書いて、醜い人間が読むものであり

 

同時に、書く人・読む人が目の前の恐怖から逃れるための

「優しい紙の集まり」なのかもしれない。

 

みんな正義感が強いんですね(笑)

 

ホームレスに陥りそうな恐怖に対抗するために、僕は怒りを利用した。

みんなもそうだろ?

 

退屈しのぎでもある。みんなもそうだろ?

 

で、最後の最後に、はあちゅうです。

 

あまりにも小物。

オチとしては、弱い。

 

だけど、思いの他反応していること人が多いことに驚いた。

 

童貞とかセクハラとかどっちもどっち

 

個人的なもの・読まなきゃいい

 

とか、「いまさらですか?」と。

 

この騒動で本当に醜い現象は、はあちゅうを利用して
自分の弁(便)を述べている人の多さだと、僕は思うのです。

 

責める阿呆に、かばう阿呆

 

この騒動から学ぶべきこととしては、

本当の屑はよっぴーとか、池上彰みたいな顔をしているんだと言うことでしょう。

 

発信する前に言ったんですわって、和田アキ子かって

 

「あの人は今」も燃え続けていた

 

はあちゅうで終わるのは煮え切らない、と憤る僕は

「中出しファンディング」で燃えていたあの人の話題を受信しました。

 

まだまだ、頑張っているようです。

 

やっぱり僕は、キチガイを見ると安心する。

 

心配してるんだよ

 

僕は、曲がったことが大嫌いであると同時に

痛い人間が大好きで、実際に見ると本当に心が痛くなる。

 

どうにかしてあげたいと思う。

自分が一番気持ち悪い人間だ。

 

でね、みんな一回「発信」をやめろ。

 

ぷろぶろがーの方々は、総じて人格障害の症状が見られますが

その症状を肯定するために、ツイッターとかブログとかは最適です。

 

いろいろな意見が寄って来る、とみせかけて

「見たいものだけ見る」という状態に陥りやすい。

 

一度、本当に取り上げた方がいい。

 

人格障害の人というのは、自分を肯定したくて仕方がないんです。

 自分がキチガイかもしれない、という恐怖を常に持っている。

 そういった人に、正論を述べてしまうのは残酷だ。

 

はあちゅうさんや、プロブロガー諸君に対して

何らかの説教を述べるということは

電車の中で「あ~う~」と言っているお友達に対して

「電車の中では、静かにしなさい」と言っているのと同じではなかろうか?

 

胸糞悪い人間に正論を述べる人間は、もっと胸糞悪い。

 

もちろん、胸糞悪い人間をかばう人間ももっと胸糞悪い。

 

結局、みんな胸糞悪い。