僕は扁桃腺が弱い

ホームレス寸前からのでんでんでんぐりがえし

努力よりもパチンコをするべき人間が存在する~コン猿よりもパチンカスが優れている69個の理由~

人足仕事には、いわゆる「底辺」の人々が集まります。

 

僕もなかなか低いレベルで安定した人生ですが

下には下がいることを学ぶ、かけがえのない日々を過ごさせていただいています。

 

「気付き」の多い毎日の中で、見えてくる傾向があるのですが

先進国の底辺の人々は、炭水化物とギャンブルが好きなようです。

 

「やよいけん」への訪問を生きがいにしている人、

そして、やはり「パチンコ」が好きな人が多いことに気付きます。

 

パチンカスとも呼ばれることもある、彼らの議論はそれは熱いものです。

 

パチンコが好きだから底辺なのか、

底辺だからパチンコが好きなのか、

 

そんなことは、置いておいて、

 

実は彼らこそ、「効率」を徹底的に求めている存在

パチンコ通いは、その結果としての神聖な行動なのではないか?

 

そう思うことも、増えてきました。

 

「どこに座るか」やんって思っていた時期が僕にもありました

 

個人的なことを言えば、もともとギャンブルは好きなんです。

馬はかわいいし、情熱を注ぐ価値はあると。

 

正確には計算していませんが、「勝ち越し」しています。

ありがとうございます。

 

しかしながら、競馬が好きな一方で

パチンコをやる人間は、非常に愚かだと思っていました。

 

他人が打った釘

他人が設定した確率・出玉

お金を入れて手首をひねる

 

何が楽しんだろう?って。

 

ギャンブルですらない、

 

「自国に向けられたミサイルの開発のための寄付」

 

ただそれだけのために、時間を使う。

 

「どこに座るか」という、要素しかない「遊戯」という名の自傷行為

 

ギャンブルってーのは、

競馬・ポーカー・ブラックジャックとか

研究だけでも、思考だけでも、運だけでも勝てない

そんな部分に、ロマンがあるんじゃないかって。

 

脳みそが少ない人ほど、政治の話が好きなようですが

パチンコしながら、北朝鮮問題を語る人とかも多いじゃないですか。

 

やっべーなって。

 

でも気づいてしまったんです。

彼らは「ひねった手首の向こう側」にしか、希望がないってことに。

 

努力する意味がない・価値を置かない・置く意味がない人々

 

彼女は言いました。

 

「努力は必ず、報われる」と。

 

そんなわけないのは、誰もが知ることです。

 

コン猿は言います。

 

コンセンサスをリスケすることこそ、真のコミットだと。

 

要は、

「建設的な行動を積み重ねることで、人生は素晴らしいものになる」

そういった概念が、国家の犬こと、先公どもを中心に布教されているのです。

 

しかしながら、生まれた時から石油が沸いている人もいることと同時に

生まれながらに、パチンコを打つことが最大のコミットである人間もいます。

 

「建設的な努力」とは、

イチローにとっては、素振りであり

春樹にとっては、パスタをゆでることであり

鶴太郎にとっては、ヨガであり

 

そして、「生まれ」が残念な人にとっては、

パチンコ台の前に座り、手首をひねることなのです。

 

「ぱわぽ」とか、「といっく」とかよりも

「パチンコ必勝ガイド」の発売日が重要な人間もいる。

 

ベストなデシジョンとしての、パチンカス。

ここは地獄でしょうか?

 

あと「ちゃんと台を見れば勝てる」という人もいるみたいですけど

そういった人にとっては、パチンコはギャンブルではなく、仕事です。

 

ご苦労さまです。

お体に気を付けて、頑張ってください。

 

 

おわり。