僕は扁桃腺が弱い

ホームレス寸前からのでんでんでんぐりがえし

人生諦めたら人生楽しくなりました(笑)~お金を入れないでゲームセンターの遊具で遊んでてもいいですか?~

コイツ救いようのないネガティブだな~

 

と、思われてしまうかもしませんが

ホームレス危機が極めて現実化してきてから、ちょっと楽しいんです。

 

中途半端に儲かってたり、
中途半端に貧乏してた頃より、「生きている感」がごいすーです。

「ここから抜け出してやる感」に燃えたり
ダメだったら、ダメだったで、ストリートで生きていく妄想したり
「投げやりのその先」にこれた感じ。

 

ギリギリでいつも生きていた過ぎて、

〇麻とかに手を出す人もいるらしいですが

大〇なんかより、弟の野球みようぜ!

「どうでもいいや」でも作業ができてしまうのはなぜだろう?

ポエム気味でいきます。

 

多分というか、実際に頭の病気なのですが
その症状の1つとして、けっこう真面目です。

 

「どうでもいいや」という感覚は昔から無くならないのですが
そう思っていても、堅実な仕事をしてしまいます。

それはそれで疲れるし、嫌なのですが
それによって仕事で評価されたり、お金を稼げたり
結果的にいいことも多いけど、やっぱ疲れる。

 

意味がないのが分かってるから。

 

どう転んでも、まともに生きれるわけがない。

 

でも、ちゃんとしてしまう。

もちろん、「強迫観念」としてやってしまうこともありますが
おそらく「ちゃんと生きたい」という気持ちが、どこかにありました。

 

強迫性障害の根底には、「死への恐怖」があると言われています。

 

人一倍、「死にたくない」と気持ちが強いらしいです。

でも、結局まともに生きられない。

 

でも、ホームレスになろうとしている現在は

じゃあ、もう完全にいいや、という

「攻めの諦め」が芽生えてきたのです。

 

「完全なゲームオーバー」でも、楽しく生きていこうよ。

 

今年の上半期は、「本当に、人生何の意味もなかったな」という
鬱気味の毎日が続いていましたが、流行りの「俯瞰」で見ると
大したことでもないようなことが多いです。

「もっと苦しい人がいる」と考えるのは、意味がないですが
生きているだけで、何らかの可能性はあるのかな?と。

 

ゲームセンターのかくげーとかで、
負けた後に「続けるなら100円入れろ」みたいな
are you continue?みたいな表示出るじゃないですか?

あれが出た後に、100円入れないでずっとやってるみたいな。

 

ただの迷惑な病人ですが、楽しければいいじゃないかと。

 

通りすがりの人が、100円入れてくれるかもしれないし。

 

だからみんな、今を大切にしろよ。

 

ってことで、今日は「サマーウォーズ」が放送されます。

すっかり「火垂るの墓」の代わりになっていますが
「ウォーズ」ってついてるアニメを、代わりにするのも
なかなかブラックジョークじゃないですかね?

 

レンタルよりも、やっぱり金曜ロードショーです。

 

CM中におしっこに行く、あの感覚、忘れないようにしようぜ。