僕は扁桃腺が弱い

ホームレス寸前からのでんでんでんぐりがえし

「マゾヒズム」と「常連」に関する考察~「ただいま」の代わりに~

わざわざ赤羽くんだりまで行ったのに、まるます家がやってなかった

 

記念にブログを再開する。

 

まるます家は悪くない。

夏季休業というやつだ。

 

「自分が行ったからやってなかった」

というような被害妄想をするには、もう年をとりすぎた。

 

しかし、代わりに入った店はどれも最悪だった。

本当にひどい街だった。

 

高円寺と同じ空気が流れていた。

こんな街をわざわざ選んで住む人間というのは救いようがないな、と思った。

 

住む場を自分で選んだことがない人間のひがみだろうか?

いいえ、ケフィアです。

 

支配するのも、されるのも気持ちがいいみたいだ

 

まるます家の休業を確認した後、散歩しながら「候補」を探したが

行く店行く店、とても「ここで食事をしたい」と思える空間ではなかった。

 

赤羽が、「飲み屋の聖地」みたいな扱いを受けていることは

アルコール依存症の人間として、認知していた。

 

自分は自宅で飲むのも外で飲むのも好きで、金がある時はしょっちゅう飲み歩き

それこそ立ち飲みから、ドレスコードのある店までいろいろ行ったけど、

やっぱり居酒屋のような、定食屋のようなところで瓶ビールでやるのが一番好きだ。

 

そんな僕でも「外で飲むの、もうやめようかな」と思ってしまうくらい

赤羽の立ち飲み屋の空気は異常だった。

 

「常連のいやらしさ」というのは、酒飲みとしては何度も経験がある。

 

経験がある人には、言わなくても伝わるだろうし

酒を飲まない人は、あまり経験しないだろうから教える必要もないが。

 

ただ「自分はそう(あくまで”いやな常連”)はなりたくない」と

過度に「認識」されたり、店員さんと必要以上に仲良くなるのは避けていた。

 

そしてそんな自分は、やはり正しかったのだと確信した。

 

インパール作戦」や「過労死」を招く構造がそこにはあった

 

と、ここまで読んだだけでは

「常連からの洗礼にあったんだな」と思う方も多いかもしれない。

 

しかし、私が恐怖を覚えたのは

 

  • 異常に接客態度の悪い店員の存在を認め
  • その姿勢を守り
  • 文句を言えない雰囲気を作る

 

これらを担っていたのが、「客」だったことだ。

 

言っておくが、自分は過度に親切な接客や

「お客様は神様です」という姿勢は嫌いだ。

 

だがそのお店では、客の立場が異常に低く

「この空間で飲ませもらう」という空気が漂っていた。

 

極端に態度の悪い店員に従うことが、「名誉」であるような雰囲気さえあった。

 

帰宅後に「インターネット」で調べると、同じ感想を待った人も多く

評価は賛否両輪となっていた。

 

そういった空気が好き、「酒場らしさがある」というような意見も目にしたが

失礼な態度の店員を守るために時間とお金を使うのは、本物の奴隷だと思う。

 

お金を払って、苦しい(本来は不快な経験)思いをする

 

SMクラブは、通う人がいるから成り立つ。

 

実際に、あの店にいたのは「勤続30年以上の奴隷」の顔をしていた。

 

暴君を支持するのは、いつだって民衆だ。

 

近況

 

今日は8月22日です。

 

一度ホームレスになった後、

もう一度屋根を手に入れてから、1ヵ月が経った。

 

不思議な街だ。

 

臭い街だ。

 

コンビニの比率がおかしい。

 

飯屋がまずい。

 

「マナー」とか「ルール」とか気にする必要がないみたいだ。

 

ちょうどいい街です。

障碍者に説教して気持ちいいかい?~責める阿呆に庇う阿呆~

はあちゅうさんが更生して、何になるというのだろうか?

 

<マクロな視点>から、もっと大切なことはないだろうか?

 

もっと憤るべきことがあるのではないだろうか?

 

パチンコは賭博なのではないか?

もしかしたら、ソープランドでは売春行為が行われているのではないか?

なぜ見てもいない・勝手に作られた番組を放送する会社にお金を払うのか?

 

隣の芝生が青いと嫉妬するくせに、

よりよいガーデンにするための、アドバイスをしたくなる。

 

人間だもの。

 

恐怖を忘れるにはやっぱり興奮だね

 

毎年いろいろあるけど、特に今年はいろいろあった。

 

ベッキーの卒論の内容は、もう誰も気にしない。

私事だと、「藤吉久美子の不倫」というワードに今年一の興奮をした。

 

やっぱり恐怖を忘れるためには、それを超える興奮が必要だ。

 

ゴシップ誌という存在は、

醜い人間が書いて、醜い人間が読むものであり

 

同時に、書く人・読む人が目の前の恐怖から逃れるための

「優しい紙の集まり」なのかもしれない。

 

みんな正義感が強いんですね(笑)

 

ホームレスに陥りそうな恐怖に対抗するために、僕は怒りを利用した。

みんなもそうだろ?

 

退屈しのぎでもある。みんなもそうだろ?

 

で、最後の最後に、はあちゅうです。

 

あまりにも小物。

オチとしては、弱い。

 

だけど、思いの他反応していること人が多いことに驚いた。

 

童貞とかセクハラとかどっちもどっち

 

個人的なもの・読まなきゃいい

 

とか、「いまさらですか?」と。

 

この騒動で本当に醜い現象は、はあちゅうを利用して
自分の弁(便)を述べている人の多さだと、僕は思うのです。

 

責める阿呆に、かばう阿呆

 

この騒動から学ぶべきこととしては、

本当の屑はよっぴーとか、池上彰みたいな顔をしているんだと言うことでしょう。

 

発信する前に言ったんですわって、和田アキ子かって

 

「あの人は今」も燃え続けていた

 

はあちゅうで終わるのは煮え切らない、と憤る僕は

「中出しファンディング」で燃えていたあの人の話題を受信しました。

 

まだまだ、頑張っているようです。

 

やっぱり僕は、キチガイを見ると安心する。

 

心配してるんだよ

 

僕は、曲がったことが大嫌いであると同時に

痛い人間が大好きで、実際に見ると本当に心が痛くなる。

 

どうにかしてあげたいと思う。

自分が一番気持ち悪い人間だ。

 

でね、みんな一回「発信」をやめろ。

 

ぷろぶろがーの方々は、総じて人格障害の症状が見られますが

その症状を肯定するために、ツイッターとかブログとかは最適です。

 

いろいろな意見が寄って来る、とみせかけて

「見たいものだけ見る」という状態に陥りやすい。

 

一度、本当に取り上げた方がいい。

 

人格障害の人というのは、自分を肯定したくて仕方がないんです。

 自分がキチガイかもしれない、という恐怖を常に持っている。

 そういった人に、正論を述べてしまうのは残酷だ。

 

はあちゅうさんや、プロブロガー諸君に対して

何らかの説教を述べるということは

電車の中で「あ~う~」と言っているお友達に対して

「電車の中では、静かにしなさい」と言っているのと同じではなかろうか?

 

胸糞悪い人間に正論を述べる人間は、もっと胸糞悪い。

 

もちろん、胸糞悪い人間をかばう人間ももっと胸糞悪い。

 

結局、みんな胸糞悪い。

初体験でイっちゃいました。~俺は剛ではないが、正直しんどい~

生きてます。

 

家に住んでいます。

 

このブログはホームレスになる危機が現実化してきたことを機に始め

「カウントダウン」スタートの、メモリアル的な作品でもありました。

 

当初は「あと、もって4、5か月かな?」というとことろが現実的な予想であり

それは、クレジット・サラ金を全開で駆使したと過程した結果です。

 

当時は生きる気力の無さが、マックスになった状態であり

限界まで借りて、旅行して、いいとこあったら吊ろうかな?くらい考えていました。

 

「それもあり」でした。

 

しかしながら、予想に反して、日に日に状況はよくなっていきます。

 

アフィリエイト」が、うまくいきはじめたのです。

 

火を噴きました。

 

と言っても、ギリギリ生活できるくらいですが。

 

借り入れの返済を含めたら、ちょっと厳しいレベルですが

新たな希望が生まれたことは、間違いありませんでした。

 

で、昨日からの変動です。

 

古参どもの言うところの、「うご」です。

 

そして、目が覚めました。

 

本当にオッケーなのかい?グーグル

 

俺様が取り組んでいるアフィリエイトは、

「検索結果」というものに依存しています。

 

これはもう、間違いない。

 

ついったーとか、いんすたとか、「SNS戦略」と呼ばれる手段はあるものの

基本的には、SEOってやつが何よりも重要になります。

 

「買おっかなー」と考えて、検索した人が目を通すためには

検索結果の1ページ目にあることが大切で、そのための努力が業務でもあります。

 

アフィリエイトについて詳しくはこちら(うぃきぺでぃあに飛びます)

 

検索結果というのは、日々変わります。

 

「いいものが検索者の目に入るように」しているらしいです。

 

そして先日、大規模な検索結果の変動があり

僕(多数の人)のサイトが消滅しました。

 

簡単に言えば、徐々に客が集まり始めた店舗が一瞬にしてなくなりました。

 

なくなったというよりも、

 

やっと原宿にオープンできた洋服屋を、裸族の村に強制移動させられた感じです。

 

理想と私怨は同罪じゃないか?

 

そもそも、ネットだの、SEOだの、僕はそれほど興味のなかった分野ですが

ある程度の知識・経験から、ビッグブラザーことグーグルは

「利用者が利用しやすいサービス」を提供しようとしているらしいです。

 

で、いいかげんな情報をまき散らしている

いわゆる「アフィリサイト」が、軒並み落ちるような

アップデートをリリースしたと考えられている?ようです。

 

ペーペーの僕が、技術的なことを語っても仕方がありませんが

「その結果」というのは、誰が見てもひどいことになっています。

 

まだアフィリサイトが、ぽろぽろ見られる検索結果の方が

利用者にとっても、メリットが大きかったはずです。

 

自分達の潔癖から出た衝動を、利用者のメリットという

大義名分に変えて押し付けるのは、いかがなものかと。

 

僕は思います。

 

本当にオッケーなのか?と

 

お前はこうなりたいんだろう?

 

というのは、

 

俺はこうしたやりたい、という意味でもあるはずです。

 

諸行無常・恥ずかしい人間を浮き彫りにしたメリットも

 

とは言っても、僕が本当に悲しいのは

「僕の収益」が減ってしまったことです。

 

自分の被害が、一番悲しいです。

 

アフィリエイトというのは、ある程度努力が反映されるものであり

ちょっとしたスパイス(ブラック含む)で、ハッピーになれるものであり

努力や工夫のしがい、また運の要素も面白いものでした。

 

 

これらは、全て幻だったことが分かりました。

 

サイトを上位表示させるめの方法は、日々議論されており

そのためのうんちくを、一日中ぶつぶつつぶやく人もいました。

 

ユーザーファーストだの、サイト設計だの。

 

「それっぽいこと」言ってるパイセンども

 

所詮、勘違いということが分かりました。

 

お上のご機嫌1つで、なんとでなってしまうのです。

 

つまり、 戦うべきは、隣人ではなく、グーグルです。

 

スペルス乳腺って何ですか? 

 

ここまでの「大変動」は、僕がアフィリエイトを始めてから 始めての経験でした。

 

もしかしたら、初体験で終わってしまうかもしれません。

 

かなり厳しいです。

 

カウントダウンの針が、また動き出しました。

 

でも、意外と心は折れていません。

 

今日はウィンナーを、お腹いっぱい食べました。

 

美味しかったです。