僕は扁桃腺が弱い

ホームレス寸前からのでんでんでんぐりがえし

人生諦めたら人生楽しくなりました(笑)~お金を入れないでゲームセンターの遊具で遊んでてもいいですか?~

コイツ救いようのないネガティブだな~

 

と、思われてしまうかもしませんが

ホームレス危機が極めて現実化してきてから、ちょっと楽しいんです。

 

中途半端に儲かってたり、
中途半端に貧乏してた頃より、「生きている感」がごいすーです。

「ここから抜け出してやる感」に燃えたり
ダメだったら、ダメだったで、ストリートで生きていく妄想したり
「投げやりのその先」にこれた感じ。

 

ギリギリでいつも生きていた過ぎて、

〇麻とかに手を出す人もいるらしいですが

大〇なんかより、弟の野球みようぜ!

「どうでもいいや」でも作業ができてしまうのはなぜだろう?

ポエム気味でいきます。

 

多分というか、実際に頭の病気なのですが
その症状の1つとして、けっこう真面目です。

 

「どうでもいいや」という感覚は昔から無くならないのですが
そう思っていても、堅実な仕事をしてしまいます。

それはそれで疲れるし、嫌なのですが
それによって仕事で評価されたり、お金を稼げたり
結果的にいいことも多いけど、やっぱ疲れる。

 

意味がないのが分かってるから。

 

どう転んでも、まともに生きれるわけがない。

 

でも、ちゃんとしてしまう。

もちろん、「強迫観念」としてやってしまうこともありますが
おそらく「ちゃんと生きたい」という気持ちが、どこかにありました。

 

強迫性障害の根底には、「死への恐怖」があると言われています。

 

人一倍、「死にたくない」と気持ちが強いらしいです。

でも、結局まともに生きられない。

 

でも、ホームレスになろうとしている現在は

じゃあ、もう完全にいいや、という

「攻めの諦め」が芽生えてきたのです。

 

「完全なゲームオーバー」でも、楽しく生きていこうよ。

 

今年の上半期は、「本当に、人生何の意味もなかったな」という
鬱気味の毎日が続いていましたが、流行りの「俯瞰」で見ると
大したことでもないようなことが多いです。

「もっと苦しい人がいる」と考えるのは、意味がないですが
生きているだけで、何らかの可能性はあるのかな?と。

 

ゲームセンターのかくげーとかで、
負けた後に「続けるなら100円入れろ」みたいな
are you continue?みたいな表示出るじゃないですか?

あれが出た後に、100円入れないでずっとやってるみたいな。

 

ただの迷惑な病人ですが、楽しければいいじゃないかと。

 

通りすがりの人が、100円入れてくれるかもしれないし。

 

だからみんな、今を大切にしろよ。

 

ってことで、今日は「サマーウォーズ」が放送されます。

すっかり「火垂るの墓」の代わりになっていますが
「ウォーズ」ってついてるアニメを、代わりにするのも
なかなかブラックジョークじゃないですかね?

 

レンタルよりも、やっぱり金曜ロードショーです。

 

CM中におしっこに行く、あの感覚、忘れないようにしようぜ。

「アンドロイドは電気羊の夢を・・・」見ないよーーー!知らなかったの?~「選民思想」と「たんぽぽ」と「裏切られるのが楽しみな期待」~

なんかー「見るか?」とかー

疑問形で尋ねている人がいるので答えます。

 

見ません!

 

というのも、単純労働の日々の中でやっぱり考えます。

 

未来のこと。AIのこと。アントニオ猪木のこと。

 

いやーむりでしょー

 

近い将来、単純労働はAIやロボットにとって代わられる( ・`ω・´)キリッ

 

とか言っている人いるじゃないですか?

 

何が気持ち悪いって、

 

「自分の仕事は、大丈夫」

 

っていう前提で話しているんですよね。

 

俺の仕事は高度な知識が必要だから、ロボットにとられないけど

お前らの仕事は、危ないよースキル磨いとけよーってことです。

 

でもねー、大丈夫です。

 

スキルを持たない皆さん、安心してください。

 

そりゃね、「お刺身にたんぽぽ」くらいなら

ロボットでもできるでしょうけどね。

 

「人間の奴隷じゃないと無理」っていう作業の方が多いですよ。

 

僕が日雇いでやってる仕事ってのも

超超超、単純な作業なんですけど

どう考えても、人間じゃないと無理なんです。

 

だから大丈夫、

 

奴隷は奴隷のままなんだよぉぉぉぉぉ

 

奴隷のままでいられるんだよぉぉぉぉぉ

 

そもそも、ロボットは税金も年金も払わないでしょ?

 

資本主義は搾取で成り立ってる、とか青臭いことは言わないですけど

「労働者」というのは、絶対に必要じゃないですか?

 

ロボットからは搾取できないいですよね。

 

原価償却期間が終わったら、「仕事しかしないヤツ」です。

 

労働者っていうか、労働者階級っていうか

プロレタリアなんとかっていうか、いないとだめなんです。

 

別に働かなくていいんですよ。

 

労働者として、息をしてればいいんです。

 

で、時には不満を垂れて、

たまたま蟹工船とか乗っちゃったりして、小説書いたりなんかしちゃって

講釈垂れる学者とかが必要になって、檸檬置いて妄想したりするわけです。

 

AIとか、ドローンとか、文句言わないから逆に楽しくない

春闘やりてーなー」とか、資本家の方が逆に考えたりすると思うんですよね。

 

あと、配送業がドローンになるとか言ってる人は

統合失調症かなにかなんでしょうね。

 

飛行機が未だに「ディレイ」しまくるのに、

ドローンの交通整備なんか、できるわけねえじゃん。

 

この「気付き」シェアします

 

やっぱりね、拳銃突き付けられてると、よく働けます。

 

これはライフハックですよ。

 

まあ、ライフがファ〇クなんですけどね。

 

本当はね、記事を書いたり、本業の再起を図りたい。

でも明日の金がないので、日雇われるしかないです。

 

でも不思議です。

 

暇人だった数か月は、1日6記事書いてたんですね。

だいたい。まあ、他にもいろいろやってましたけど。

 

で、今は日雇いの後に、くたくたの中で

記事書きやってるんですけど、3記事書けるんです。

 

嘘みたいだろ。

 

日雇いの時間は、1日の大半ですよ。

 

でも暇だった時の半分は、それ以外の仕事ができる。

 

いかに自分が甘えてたか、もっとできることはあったんですよね。

 

 

ブレードランナー2」すげー楽しみだけど

予告見る限り、確実に「がっかり案件」です。

真・マゾの条件~「堕ちる快楽」というパラダイムシフトと「底辺マウンティング」の考察~

日記を書きます。

 

「ホームレスになるなる詐欺」の真っ最中ですが

僕もできることなら、ホームレスにはなりたくありません。

 

他人の不幸を願う、その腐った根性叩きなおしてください。

 

ただ期待に応えれれてしまう可能性もあり、日々せめぎ合いです。

 

ということで、先日から「日雇い」という行為に時間をささげています。

 

主に「重いものを運ぶ」という内容であり、思考・意志を奪われ

「そこからそこに運べ」という指示に、ひたすら従っており

非常に「日雇いらしい日雇い」と言える仕事に従事しています。

 

本来であれば、「あふぃりえいと」や「本業の復活」にむけて

シコシコしたいのですが、やはり「目先の金」が必要です。

 

「取っ払い」という、その日にお金をいただけるシステムは

僕みたいな人間にとって、誠にありがたいものです。

 

ありがとう。

 

「本能」なのか?「自己防衛」なのか?徐々に現れはじめた性癖

 

僕は人を使う(依頼する)立場だったこともあり

底辺中の底辺で、「カイジ状態」になっていることは

 

悔しい

 

惨め

 

ではなく、

 

あろうことか「快楽」を感じています。

 

僕に支持を与える人というのが、多分脳みそがない人なんです。

 

「同僚」というのも、「ヤバめ」の人々がとても多く

「ざぎんでしーすー」の記憶のある僕には、きっと耐えられないだろうと

そう予感していたのですが、そうでもないんですね。

 

なんか、気持ちいいんですよ。

 

これは「性癖」なのか、自分を守るための

パラダイムシフト」なのか分かりませんが。

 

プライドで消耗することなく、受け入ている状況が嬉しく

「状況に酔ってる」のとは、また違う趣があります。

 

もうね、最近わざとミスしてますから。

 

特に「大学生のバイト」の前で

「落としてはいけないものを落とす」ことにはまっています。

 

まー怒られますよ。

 

で、若い女の子が「すげー目」で僕のこと見てくださいます。

 

もしかしたら「馬鹿に馬鹿にされる俺」を

他人事に見てしまう、いつもの持病の症状かもしれませんが

この性癖は思っていたよりも、大きな収穫です。

 

ただし、「大きな収穫だっ」って言っていた

中国拳法の達人も死んでしまったので、僕もすでに死んでいる可能性もあります。

 

君は「底辺のマウンティング」を見たことがあるか?

 

昨今のSNSの普及に伴って、

「マウンティング」という言葉が社会に浸透しました。

 

マウンティングとは、簡単に言うと「自分の方が上だ」という

<自分の立場を相手より高くするための行為>です。

 

あれって、結局「きり」がないことは

みんな分かっていても、やってしまう人間の性ですよね。

 

基本的には、「社会的地位が高め」の人や

「ややお金を持っている」人がやらかすわけで

それを見て「馬鹿だなー」「恥ずかしいなー」と観戦するものですが

金持ちのマウンティングは、まだ綺麗です。

 

底辺のマウンティングは、笑うところがないです。

 

コンプレックスによって爆発するリーダーシップ

 

どんな綺麗ごと言っても、

「日雇いで重いものを運ぶ仕事」をしている人というのは

どこか問題があるんですよ。

 

ひどいこと言いますけど、

僕も「マゾホームレス」なんで、許してください。

 

もちろん、事情は人それぞれで「とりあえず明日の金」

「割のいいバイト感覚」で来ている人もいて

全員が全員というわけではないですが、「くせのある人」は多いです。

 

で、例外なく「社会的な評価を受けた回数」みたいのが少ないです。

 

そうすると、「うんこの中で、どう輝くか」を考える人も多いんですね。

 

基本的に誰でもできる仕事で、「早くやる」とかは

「いかに奴隷根性があるのか」ということの、物差しにしかなりません。

 

こういう仕事をやったことがある人ならわかると思うんですが

「クズに評価されたくて仕方がないクズ」がいます。

 

「変な略した業界用語」使うあいつらです。

 

「バイトリーダー」みたいなポジションを取りに行いくあいつらです。

 

なんか仕事を教えてくれたり、優しいとこもあるのですが

基本的には「目先のマウンティング」に利用しているだけなんですね。

 

で、そういう人が「何人かいる」状況は、なかなかの地獄です。

 

「人を率いる」って、快楽なんですかね?

 

じゃあ、僕も変態としたて人のこと言えないや。

 

疲れたんで、終わります。

 

PS:

多分、ホモに気に入られています。

新たな性癖にこうご期待!

 

PPS:

日雇い終わりの記事書きのはすごいはかどるね!!

 

笑ったね?その心笑ってるね?